Fair Play Records - フェアプレイレコーズ

ギラ・ジルカ(Geila Zilkha)

【プロフィール】

%e3%82%ae%e3%83%a9%e3%83%bb%e3%82%b8%e3%83%ab%e3%82%ab
神戸にて日本人の母とイスラエル人の父の間に生まれる。
保育園からハイスクールまでを神戸のインターナショナル・スクール“Canadian Academy”で過ごす。幼い頃からあらゆる音楽活動に興味を示し、ハイスクールではバンド活動も始め、同時にジャズビッグバンドのリーダーも務めた。
ハイスクール卒業後、ボストンのバークリー音楽大学に単身留学。アルト・サックスを専攻するものの、歌こそは自分の運命の楽器であると感じるようになり、2 年目からは進路を変更する。バークリー音楽大学では、彼女の声楽の先生であるエイプリル・アラビアンが指導する“ヴォーカル・ジャズ・アンサンブル”や、ボブ・ストロフが指導する“ヴォーカル・サミット”、さらにはオーヴァル・ライトとデニス・モンゴメリーⅢ率いる“レベンス・ゴスペル・クワイヤ”に参加。
同大学卒業後は、地元神戸に戻りテレビやラジオDJ等の仕事を始める。FM802 ではDJ として自身の番組を3年近く担当。同時に、ABC テレビの朝の情報番組アシスタントホストを務める。
タレントとして歌手として自身のキャリアを広げていくことを望んでいた矢先、1995年、阪神淡路大震災に見舞われ、仕事を中断することを余儀なくされる。しかし自身の音楽への夢を諦めることは出来ず、活動の場を東京に移すことに。
上京後は、CM 歌唱やラジオDJ 等の今までの活動に加え、ベネッセの英語教材で声優を務めたことをきっかけに、TVCM 等のナレーションも行うようになった。

近年のCM 歌唱の代表作としては、スバル・レヴォーグの「Long Train Runnin’」があり、その他マツダ、全日空、ハーゲンダッツ等多数、中でも「fly me to the moon」を歌った全日空のCMは「誰が歌っているのか?」と問い合わせが殺到し大変な話題となった。

【Link】